HOME

さまざまなハラスメントの証拠記録に小型カメラを利用しよう!

天井のカメラ

現在、日本社会においてさまざまなハラスメントが問題となっており、対策が講じられています。しかし、ハラスメントが行われる職場や教育現場、日常生活において日本社会には『長い物には巻かれろ』という風土が残っています。音声記録も証拠とすることができるものの、よりハラスメントを行う側に効果的な証拠を提出するのであれば、小型カメラを利用しましょう。
小型カメラ専門店で購入できるものは、見た目では分かり難いものが多数あります。ボールペンタイプや置物に紛れたものなど、分解しなければ分かり難いものがあります。職場でハラスメントを受けているものの、周囲も自分自身がターゲットにされる可能がある場合、見て見ぬふりをします。しかし、小型カメラなら音声だけでなく、画像をしっかりと捉え、精神的に苦痛となる言動だけでなく、身体的に危険が生じる相手側の問題行動をしっかりと捉えてくれます。最近の小型カメラは、小さなレンズでピンポイント撮影するのではなく、広角レンズを採用し、さまざまな風景を撮影します。そのため、時計が移る場所や多くの社員が状況に立ち会っている風景を撮影し、相手側の問題行動や言動をより的確な証拠とすることができます。また、ハラスメントについて匿名投稿があった場合には、分かり難い場所に短時間で設置と長時間撮影ができ、被害者を守る証拠を会社が得ることもできます。